新木優子×suisai

cm×

新木優子が恋人との「すれちがい」に悩む女性に/カネボウ「suisai」 新Webドラマ秋篇『毎日、思ってた』公開

女優の新木優子を起用したWEBドラマ秋編『毎日、思ってた』が公開となった。前作では後輩との接し方に悩む役を演じたが、本作品では恋人との関係に悩む役を演じている。昨年秋と今年春に公開して好評を得たWEB ドラマの続編。スキンケアを通じて気持ちが前向きになり、自分を変える小さな一歩を踏み出す女性の姿を描いている。主人公を演じる新木の演技と、若い女性から支持される映画界最注目の若手監督・山戸結希が描く共感を呼ぶストーリー、リアリティあふれる演出が魅力となっている。

【『毎日、思ってた』のストーリー】

主人公の優子(新木)は、ウエディングプランナー。恋人のオサムとの仲を同僚から冷やかされるが、その表情は晴れない。最近、オサムの気持ちがよくわからずにいた優子は、結婚を控えたお客様から男女間のコミュニケーションの悩みを相談されても、アドバイスをすることができず、言葉に詰まってしまう。仕事帰りに彼の家に向かう道。優子はオサムから「優子って、何を考えているか全然分からない」と、たまっていた不満をぶつけられ、苛立ちから、距離を置いた方がいいと切り出してしまう。 オサムの部屋で、別々の場所で横たわる2人。優子は、朝になったらこの部屋を出ていくと告げる。涙にぬれた顔を「suisai」で洗顔すると、「suisai」の酵素洗顔とローションが、もう1つずつあることに気づく。オサムに尋ねると、優子の肌がキレイだから自分も使い始めたと理由を話し始めた。オサムの肌を改めて見た優子は、素直に「キレイ」と口に出す。 朝日が差し込む中で、湧き出るオサムへの思いを言葉に乗せ「ずっとずっとここにいたい。距離なんて置きたくない」と本心を語る優子。オサムの頬に手を添えて「私は君が好きだよ」と語り、真っすぐな眼差しで「毎日思ってたよ」と伝える。

 suisai Webドラマ特別篇 気になる!スキンケアのヒント5選
続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。