ペンギン・ハイウェイ×宇多田ヒカル

japanese×
映画『ペンギン・ハイウェイ』主題歌、宇多田ヒカルに決定!

新予告映像が解禁となりました!宇多田ヒカルによる主題歌「Good Night」の音源も初解禁となりました!

宇多田がアニメーション映画の主題歌を担当するのは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の「桜流し」以来、約6年ぶり。ご本人が原作を読み書き下ろした主題歌でもある。

<キャスト・監督コメント>

北 香那(アオヤマ君役)
『Good Night』というタイトルにまさにぴったりな、優しくてゆらゆらと気持ちよく眠りについてしまいそうなメロディーそれと対照的な歌詞の力強さが、凄く印象的でした。
聞けば聴くほど心地の良い歌声にも、何度も鳥肌が立ちました。
歌詞の中に、どこかアオヤマくんを連想させるような部分も出てくるので、映画とのコラボレーションに今からワクワクしています。

 

蒼井 優(お姉さん役)
最初の「愉しげに埃が舞う」という、軽やかで優しいフレーズに一気に引き込まれ、聞き進めると、幼少期の愛おしい時間の匂いがし始め、胸がぎゅっとなりました。
ノスタルジックだけど、明日に繋がって行く歌です。早くこの歌を皆さんと共有したいです。
私は今、宇多田ヒカルさんに感激しています。

 

石田祐康監督
この曲には空間があります。それも、実家の陽に照らされて埃舞う小さな部屋の片隅から、宇宙的な遠い彼方にまで至るとても広いレンジを持って。それは「ペンギン・ハイウェイ」が持つ日常とSF、親近感とロマンが同居する姿と重なって聴こえるんです。
広大な空間に宇多田さんの歌声は波となってどこまでも響き渡ります。その温かさと力強さ。この作品のために見事に歌い上げていただき、本当にありがとうございました!

宇多田ヒカル プロフィール
シンガー・ソングライター
1983年1月19日生まれ 1998年12月9日にリリースされたデビューシングル「Automatic/time will tell」はダブルミリオンセールスを記録、
15歳にして一躍トップアーティストの仲間入りを果たす。
そのわずか数か月後にリリースされたファーストアルバム「First Love」はCDセールス日本記録を樹立。
いまだその記録は破られていない。以降、アルバムはすべてチャート1位を獲得。
2007年にはシングル「Flavor Of Life」がダウンロード世界記録を樹立。
2010年に「人間活動」を宣言し一時活動休止期間に入ったが、
年4月に配信シングル「花束を君に」「真夏の通り雨」のリリースによってアーティスト活動を本格始動する。
2016年9月に発表した6枚目のオリジナルアルバム「Fantôme」は自身初のオリコン4週連続1位や全米のiTunesで3位にランクイン、
CD、デジタルあわせミリオンセールスを達成するなど、国内外から高い評価を受けた。
2017年3月にEPICレコードジャパンにレーベル移籍。
デビュー20周年を迎える2018年、6月27日に7枚目となるアルバム「初恋」を発売するほか 11月~約12年ぶりとなるコンサートツアーも予定

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。