ラグビーワールドカップ2019×小島瑠璃子

event×

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のボランティア募集開始発表会に小島瑠璃子出席

発表会にはラグビー元日本代表の大畑大介さんらも登場した。ボランティア募集開始にあたって大畑さんは「日本で行われたワールドカップがよかったなと思える1つの入り口にもなると思うので熱い情熱を持った方に是非参加して欲しいと思います。」小島瑠璃子さんはインタビューで「ラグビーワールドカップを日本で行われたトップイベントと言うことで終わらせるのではなく自分がメンバーの一員として参加したラグビーワールドカップにして欲しいと思います。ボランティアの方とラグビーワールドカップ日本大会を成功させたい」と語った。

NO-SIDEとは、ラグビーの試合終了時にレフリーが用いた用語でした。その言葉を、日本ラグビーの先人たちは「ラグビースピリット」に重ねました。どんなに激しく戦っても、試合が終われば、称え合い、感謝し、永遠の友情を誓い合うスピリットのことです。ラグビーワールドカップのボランティアチーム「TEAM NO-SIDE」には、日本ラグビーが大切に育んできたノーサイド精神を体現し、世界はひとつであることを発信する、そして、世界的ビッグイベントを成功に導いて欲しい、そうした想いが込められています。 今後、参加決定者の皆様には、この精神を感じていただけるような研修プログラムにご参加いただく予定です。
詳細はこちら

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。