Zedd×Tokyo

english×

第60回グラミー賞最優秀ポップ・パフォーマンスにノミネートされたZEDDの再来日が決定。2018年3月23日(金) 幕張メッセ、2018年3月24日(土) 神戸ワールド記念ホールで開催されました。

今回はその振り返りを込めて彼が日本に来日した際の出来事をまとめました。

『ECHO TOUR2018』のワールドツアー中のZEDD。日本来日は10回目であり、1年ぶりの来日だった。全世界で愛されているZedd。それは日本も例外ではなく、多くの曲が聞かれている。

彼の代表曲とは?

Zedd – Clarity (Official Video) ft. Foxes

Zedd, Maren Morris, Grey – The Middle

 

この2曲はほんの一部で彼の曲の多くはYoutubeで再生回数1億回を超えているものばかりである。
また彼は単にEDM曲をリリースしているだけでなく、原曲を積極的にアレンジすることでも知られている。

例えば上記のclarityではピアノバージョンもアップしている。

単にEDMのノリの良い曲だけでなく、純粋に曲としても聞くことが彼の魅力の1つとも言える。

今回の来日で一番注目された事って?

Zeddの公演で今回最も注目されたのはやはりゲスト出演であった。

2017年に世界的に有名なアイドルグループ「ワンダイレクション」のリアム・ペインと共演した「Get Low」

そのリアムがゲスト出演したのである。

彼の曲を共演が多いのだが、その中でもかなりのビッグネームがゲスト出演したこともあり、日本でも大騒ぎとなった。

日本公演での振り返る動画でもボーリング・東京ディズニー・ランドを堪能する姿もあり、日本での観光なども含めて日本来日を楽しんでくれたのであればとても嬉しい。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。